CAMBODIA

 HOME  >   カンボジア  >   カンボジア現地法人・ピースインツアー・アンコール社のご紹介

カンボジア現地法人・ピースインツアー・アンコール社のご紹介

カンボジア現地法人・ピースインツアー・アンコール

カンボジア現地では、カンボジア現地法人ピースインツアー・アンコール社(PITA)の
スタッフが笑顔と真心で皆さまをお迎えいたします。
日本人代表を務める大塚めぐみが初めてカンボジアを訪れたのは1988年。
その2年後、首都プノンペンに現地事務所を設立。
当時のカンボジアは、シハヌーク国王帰還、UNTAC到来、新政権発足、ポルポトの死、
まさに激動の時代でした。
2003年には数多くの人々や仲間の願いと力が合わさり、
世界遺産アンコールワットのある街シェムリアップに、
現在のピースインツアー・アンコール社が設立され、今に至ります。



ピースインツアーアンコール社
ピースインツアー・アンコール PEACE IN TOUR ANGKOR
住所:シェムリアップ本社
House No.318, Road Shivatha,Mondo-1, Sangkat Svaydangkum, Siem Reap
電話:+855 63 964 827
プノンペン支店
House No.53A, Street230, Sangkat Phsar Deoum Kor,
Khan Toulkok,Phnom Penh




  日本人代表 大塚めぐみ
神奈川県出身。1992年に首都プノンペンカンボジア在住歴20年以上。Pitaを切り盛りするパワフル・ウーマン。激動のカンボジアを知る日本人のひとりです。彼女に出会えば元気100倍!カンボジアを愛する気持ちがとても強く、流暢なクメール語を話し、著書に『好き、好き、好き、カンボジア』(出版工房原生林)があります。
 
  社長 ヴィチェット
Pita設立当初より営業・手配などマネージメント全般に携わり、
真面目で機知に富んだ性格は社内外でも信用が厚いです。
 
  ヴィボール
元公務員。現在は、プノンペン在住。 プノンペン支店をひとりで切り盛りしています。
女性的な性格で、優しく穏やか。
 
  ボパー
真面目でシャイなカンボジア女性。 ミスなく仕事をこなすため、
社内外からの信頼が厚く、 大変頼れるスタッフです。




「旅はガイドによって決まる」 といっても過言ではありません。
ピースインツアー・アンコール社のガイドにつきましては、できる限り自社で日本語ガイドを育成する方針のもと、スタッフガイド達が日夜日本語を勉強しながら誠心誠意のガイドを務め、
単に日本語の上手い・下手だけではなく、まず第一に誠心誠意、心を込めてご案内するというホスピタリティーの面で、お客さまから大変好評を頂いております。
遺跡見学の際には、見学ルート・所要時間を熟知しており、写真のベスト・アングルのご案内など、より効率的で安心して観光するためのサポートをいたします。


  マカラー
日本語は独学で勉強したという努力家。
二児の母でありながら日本語ガイドを務める大変活動的な女性。
大きな声でのご案内は、お客様を元気にしてくれます。
     
  モニー
ピースインツアー・アンコール社では最年長のガイドで、
唯一ポル・ポト時代を語れる貴重な存在。
優しく穏やかで我慢強い職人気質が魅力です。
     
  ポウキイ
PITA最古参のガイドで、遺跡や宗教に詳しく、大変頼りになります。
植物の知識においては、日本の某大学教授も驚くほど!

     
  パナー
孤児院で育ち、日本語を学び、卒院後に就職。
子どもの扱いが上手で、スタディツアーでも大活躍。
サイクリングツアー等の特別ツアーもご案内しています。
     
  サヴィー
孤児院で育ち、日本語を学んだ経験を活かして就職。内勤業務を経て、
現在はスタディツアーの通訳ガイドをこなしています。


  ティン
元日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JSA)のスタッフ。
現在はマイクロバス専属ドライバー。
     
  チョムラン
英語が話せて、大変気の利くドライバー。
趣味は、子どもと一緒に遊ぶことです。

カンボジアTOPへ→