体験レポート

 HOME  >  


▲ムーア・ロッジのゾウたち
「百万頭のゾウ」の王国 ラオスとゾウの長い歴史
ところで、アジアゾウとアフリカゾウの違いはご存じでしょうか? 大きな三角形の耳に鋭い牙を持つのがアフリカゾウです。一方、インドから東南アジアに生息するのがアジアゾウで、小さな耳と短い牙、そして丸っこい背中が特徴です。気性の荒いアフリカゾウに比べ、アジアゾウは人間に従順な性格で、初めてのゾウ使い体験にも向いてるのだそうです。

ラオスには現在のルアンパバーンの地を都として、14世紀半ばから18世紀初頭までラーンサーン王国(「百万頭のゾウの王国」という意味)という強大な王国が存在したほどですから、ゾウとの関わりは歴史的にも深いものがあります。

しかし、国内の野生のゾウは減少の一途をたどり、2003年の統計によると500頭から1000頭と推定され、その生息地はメコン川西岸のサイニャブリー県、ヴィエンチャン県郊外のPhou PhanangとPhou Khao Khoay、サワンナケート県の一部地域、カンボジア国境付近、ベトナム・中国との国境付近のNam Et、Nam Xam、Phou Dendin、Nam Haなどに限られています(※1)。このロッジにいる13頭のゾウも、ほとんどがヴィエンチャン郊外から保護されてきたそうです。


※1: International Union for Conservation of Nature and Natural Resources

TOP

ゾウ使い体験ができるツア0-

NEWS

一覧へ

2017.08.31

第2弾!!カンボジア同窓会&ツアー相談会のご案内〜カンボジア好き全員集合〜
  • フォトコンテスト
  • メルマガ
  • ベトナム航空 航空券
  • ディスカバリーエアパス
  • ツアー説明会&イベント
  • お客様の声
  • オーダーメイド見積もり
  • PIT東京スタッフのササキがお届け!添乗日記
  • ブログ
  • スタッフの体験レポート
  • ご利用可能なクレジットカードのご案内
  • 東京海上日動火災保険
  • AIU
  • 三井住友銀行外貨宅配
  • コードプロジェクト
  • イモトの海外wifi
  • パンフレットのご案内