体験レポート

 HOME  >   【ミャンマー】チャイントンのパウッ村(パラウン族)訪問

【ミャンマー】チャイントンのパウッ村(パラウン族)訪問


チャイントンから車で約45分。パラウン族は腰に金属をはめた民族衣装が特徴的。パラウン族の中でも集落によって、金をはめたり、銀をはめたりと分かれます。女性の多くは民族衣装をまとい、農作業や機織をして生活しています。
この村では機織を体験させてもらいました。腰と足で重心を取りながら、パラウン族の女性は慣れた手つきでリズム良く、とても丁寧に織り進んでいきます。私はというと、どこに杼を通したら良いのやら。何度教えてもらってもなかなか覚えられませんでした。
民族によって、織物の色合いや模様、刺繍の施し方が違い、パラウン族が身にまとうえんじ色の織物は、チャイントンの自然の緑とよく合い、とても鮮やかなコントラストが印象的でした。


(写真は織物をするパラウン族の女性)
TOP おわりに

 

お知らせ

2018.04.20

定休日変更のお知らせ

2017.12.22

カンボジア現地法人「Ai.TRAVEL」(仮)設立について(2018年10月1日営業開始予定)

NEWS

一覧へ

2018.07.06

【お知らせ】カンボジアの日本語情報誌『ニョニュム』95号発行
  • メルマガ
  • ツアー説明会&イベント
  • お客様の声
  • PIT東京スタッフのササキがお届け!添乗日記
  • ブログ
  • スタッフの体験レポート
  • ご利用可能なクレジットカードのご案内
  • 東京海上日動火災保険
  • AIU
  • 三井住友銀行外貨宅配
  • イモトの海外wifi