体験レポート

 HOME  >   【ミャンマー】温泉卵が作れる!チャイントンの秘湯へ

【ミャンマー】温泉卵が作れる!チャイントンの秘湯へ


パラウン族の住むパウッ村から車で約10分ほどのところに天然の温泉があります。源泉からは硫黄の臭いがするお湯が沸いていて、温度は約100度とほぼ熱湯です。
 日本の一般的な温泉とは構造が若干違い、パイプで各個室へお湯がつながれています。つまり、個室浴場なのです。
この温泉は川を車で渡った先にある温泉のため、雨季の雨の多い時期には行くことができません。そのため、雨季は利用者が少ないとのこと。パイプの掃除がされておらず、蛇口をひねると少し茶色のお湯が出てきましたが、乾季にはきちんと掃除されているそうです。
 温泉で汗を流した後には、温泉卵も食べられます。トレッキングで疲れたからだにはお勧め!?

チャイントンの温泉レポート全文
「チャイントンの奥地に眠る秘湯を目指して」

(写真はチャイントンの温泉)
TOP おわりに

お知らせ

2018.04.20

定休日変更のお知らせ

2017.12.22

カンボジア現地法人「Ai.TRAVEL」(仮)設立について(2018年10月1日営業開始予定)

NEWS

一覧へ

2018.07.06

【お知らせ】カンボジアの日本語情報誌『ニョニュム』95号発行
  • メルマガ
  • ツアー説明会&イベント
  • お客様の声
  • PIT東京スタッフのササキがお届け!添乗日記
  • ブログ
  • スタッフの体験レポート
  • ご利用可能なクレジットカードのご案内
  • 東京海上日動火災保険
  • AIU
  • 三井住友銀行外貨宅配
  • イモトの海外wifi