TOURS
ツアー詳細

カンボジア



観光産業の発展にみる光と影 カンボジア 子どもの権利を考える6日間
(9/14出発)

ツアーコード:【STP-32】

観光産業の発展にみる光と影 カンボジア 子どもの権利を考える6日間

カンボジアでは、 観光産業の発展にともない、貧困の村から集めてきた子どもたちを見世物にして金儲けをする「孤児院ビジネス」をおこなう無認可の施設が出現しました。観光産業の発展のウラでは、子どもの権利を無視した人身売買、性風俗、虐待、 暴力などのしわ寄せが弱者である村人たちへ向けられているのです。シェムリアップ州には、多いときには200以上の孤児院(児童養護施設)が存在していました。その多くが運営の問題を指摘され、現在残っているのはわずか4分の1ほど。今回訪れる『児童養護施設NGOスナーダイ・クマエ』は、今まで子どもたちを護り続け、地道な運営を続けてきた施設です。施設代表のメアス博子さんより、カンボジア在住歴20年以上の実績をもとに「過去・現在・未来」についてのお話を伺います。
さらに、カンボジアの環境問題であるゴミ山を見学したり、関係者から話を聞く機会を設け、カンボジアにおける影の問題に言及します。そんな子どもの権利問題について考えるスタディツアーです。

ツアーのポイント

スナーダイ・クマエ代表 メアス博子さんに会える

スナーダイ・クマエ代表 メアス博子さんに会える

これまで20年間、施設に保護した子どもの命を守り、自立への道をつくってきた日本人女性です。観光産業が発展する前の時代から平和が定着してきた今の時代を知る博子さんだからこそ話せるカンボジアの子どもたちの過去、現在、未来についてを伺います。

【特集記事】⇒児童養護施設NGOスナーダイクマエについてご紹介

村と街の格差を肌で感じる

村と街の格差を肌で感じる

カンボジアの村の暮らしと水の暮らしを体験。そして中流階級が訪れるショッピングモールなどを見学し、村と街の格差を肌で感じます。

観光産業がもたらした影にせまる

観光産業がもたらした影にせまる

2000年以降、観光客が増えたことによって様々な問題が起きています。カンボジアの街で起きている孤児院ビジネスの問題に向き合い、村で起きているゴミ問題にも触れます。

魂がこもった伝統文化に触れる

魂がこもった伝統文化に触れる

アンコール王朝時代、そして長い戦争を経ても続いてきた伝統舞踊の魂に触れてカンボジア王国の力強さを感じ取り、日本の文化を改めて見つめなおします。

ツアー日程表

1日目 9/14(金)

日本⇒乗継⇒シェムリアップ

午前:成田、関西、名古屋、福岡発、経由便にてカンボジア・シェムリアップへ
夕刻:シェムリアップ着後、空港にて現地ガイドがお出迎え、ホテルへ
夜:ホテルのレストランにて夕食を楽しみながら自己紹介

【シェムリアップ泊/食事 朝:× 昼:機内 夕:○】

2日目 9/15(土)

シェムリアップ

午前:地雷についての学習と虐殺された方々が眠る寺院での参拝
午後:激動のカンボジアと言われる1990年から2000年までと、観光産業が発展した2000年以降、現地に在住している大塚めぐみさんからお話を聞きます。

<メアス博子さん登場>
この地で20年間児童養護施設の代表を務めているメアス博子さんが登場。現地の社会福祉問題や子どもの権利について、博子さんと一緒に考えます。

【シェムリアップ泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】

3日目 9/16(日)

シェムリアップ

<児童養護施設NGO スナーダイ・クマエ訪問>
午前:メアス博子さんと一緒に施設内を見学。事情があって村にも家にも帰れない子どもたちと一緒に、クメールの誇りである伝統舞踊を施設内にチャーターし、その美しい踊りに触れてお互いに自分の国の文化を見つめなおします。

<村の暮らし>
午後:国民の8割以上が農業に従事しているカンボジアは、 親戚同士が集まって村を維持しているところが多く、
その中でも300人以上の親戚が村を支えあって暮らしているサムロム村へご案内します。
牛車に乗って村をめぐり、村の人たちと交流します。
村の暮らしを見たあとには、観光客で賑わうパブストリートやナイトマーケットにご案内し、カンボジアの平和を感じます。

【シェムリアップ泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:×】

4日目 9/17(月)

シェムリアップ

<水の暮らし>
午前:トンレサップ湖の水上で生活する人々の暮らしを見学。この大湖があったからこそカンボジアは豊かな土壌に恵まれました。
そこで漁をする人たちに出会い、湖の周辺でとれるホテイアオイという植物を日常の生活に取り入れている集落の様子を垣間見ます。

<環境問題と格差問題>
午後:観光産業が生み出したゴミ問題について考えます。ゴミが散乱している場所を訪れ、ゴミの処理についてそこに暮らす人たちにインタビュー。閉鎖した孤児院の跡地を見学します。その後、中流階級が訪れる免税店やショッピングモールなどを見学し、格差問題について考えます。

【機中泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】

5日目 9/18(火)

シェムリアップ⇒ご帰国の途へ

<アンコール遺跡群見学>
有名な遺跡のなかで民芸品を売る子どもたちの教育事情を追求します。義務教育を受けているのか、卒業できているのか等を質問します。
夜:空路、帰国の途へ(乗継)

【機中泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:×】

6日目 9/19(水)

⇒日本

朝:成田、関西、名古屋、福岡空港ご到着

【食事 朝:機内】

※航空機スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので予めご承知置きください。

ツアーインフォメーション

最少催行人数 6名様
添乗員 なし。現地ではカンボジア人日本語ガイドがご案内致します。
食事条件 朝食4回、昼食4回、夕食3回(機内食を除く)
利用予定航空会社 ベトナム航空(VN)
別途必要料金 旅行代金に加算して、別途次の料金が必ずかかります。(2018年4月現在)
  • ベトナム航空が定める燃油特別付加運賃、航空保険料(12,540円)
  • 日本出発空港の旅客サービス施設使用料等(成田2,610円、関西3,040円、名古屋2,570円、福岡970円)
  • 出国税(3,600円)
利用予定宿泊施設 シェムリアップ(ロイヤルクラウンホテル)もしくは同等クラス
一人部屋追加料金 4泊分:15,000円
ビザ カンボジアのビザ(査証)が必要です(別途、取得代金がかかります)
カンボジアのビザについての詳細はこちら⇒
ご注意事項 訪問先の村のやむを得ない事情等により、プログラムの入れ替えや手配をお受けできない場合もございますのでご了承ください。

【 旅行代金に含まれるもの 】

  • ベトナム航空/日本各空港~カンボジア・シェムリアップ往復航空運賃
  • 全行程のホテル4泊分
  • 朝食4回、昼食4回、夕食3回(機内食を除く)
  • 日程表に明記された移動費用並びに観光費用(アンコール遺跡入場券=1日券含む)
  • 現地係員費用
  • 団体への寄付金

【 旅行代金に含まれないもの 】

  • ベトナム航空の燃油サーチャージ+航空保険料、日本出発空港の空港施設使用料・保安料、カンボジア現地空港税
  • カンボジアビザ取得代金 ( 大使館実費、弊社代行手数料など。 カンボジアのビザ代行取得も承ります )
  • ホテルの一人部屋追加料金
  • 日程表に記載のない観光、送迎、食事の代金
  • お客様がご注文された飲物代、追加料理の代金
  • ランドリー代、電話代、通信費等の個人的諸費用
  • 任意の海外旅行保険料
  • 日本国内の交通費(ご自宅~ご出発空港間など)

旅行代金


【成田発着】金曜日出発 2018年09月

出発日 エコノミークラス 予約希望
09月14日 178,000円

【関空発着】金曜日出発 2018年09月

出発日 エコノミークラス 予約希望
09月14日 198,000円

【名古屋発着】金曜日出発 2018年09月

出発日 エコノミークラス 予約希望
09月14日 198,000円

【福岡発着】金曜日出発 2018年09月

出発日 エコノミークラス 予約希望
09月14日 198,000円

※上記旅行代金に追加して燃油サーチャージ、各国諸税が必要です。
※上記旅行代金は2名1室利用代金です。

★このツアーについてのご質問・お問い合せはコチラ★

■募集型企画旅行条件書をご確認ください。

【旅行企画・実施】:株式会社 風の旅行社 観光庁登録旅行業第1382号/日本旅行業協会会員
【住所〒165-0026】 東京都中野区新井2-30-4 IFOビル6階
【総合旅行業務取扱管理者】原 優二

【受託販売】:株式会社 ピース・イン・ツアー 東京都知事登録旅行業第3-7212号/日本旅行業協会会員
【住所〒162-0042】 東京都新宿区早稲田町67 早稲田クローバービル5階
【総合旅行業務取扱管理者】小林 奈々
【TEL】:03-3207-3690 【FAX】:03-3207-6343
【E-mail】:info@pitt.co.jp