STUDY TOUR

 HOME  >   カンボジアの運動会 村の小学校の子どもたちに体育を教える活動

カンボジアの運動会 村の小学校の子どもたちに体育を教える活動

【カンボジアの運動会】村の小学校の子どもたちに体育を教える活動 最高の仲間にめぐりあえた!

旅行日程旅行代金

※ツアーの催行状況はこちらをご確認ください >



☆各授賞式の様子はこちら!⇒ツアーグランプリ2016メコンツーリズムアワード2015

カンボジア農村部の小学校は、体育の授業のない学校も多く、運動に慣れない子どもたちによる大ケガが後を絶ちません。この活動は、シェムリアップ州の教育局より「日本の人からカンボジアの子どもたちに体操や運動を教えてほしい」との依頼を受けてつくられました。このツアーでは、シェムリアップ市内から30~50㎞ほど離れた村の小学校を訪問します。校庭に遊具をつくり、使い方の指導や運動を通じて、子どもたちに体操やスポーツの大切さを教えながら交流します。また、自由な交流時間には、子どもたちに日本の遊びを教えたり、子どもたちと一緒にカンボジアの遊びをしながら楽しみます。
魅力はズバリ!「村の小学校の子どもたちとのふれあい。そして、運動や体育を通じて子どもたちにスポーツの大切さを教えること」です。
カンボジアの子どもたちはみんなシャイ。でも、交流を続けていくうちに、子どもたちから積極的に笑顔で手を引っぱってくる・・・そんな素朴な子どもたちの変化を通じて、言葉の壁を越えて、心で通じ合える瞬間を味わいます。


●お問合せ・お申込みは下記ボタンからどうぞ
お問合せ・ご質問はこちらから

お申込みはこちらから(ここでのお申込は「確定」ではございません)

お急ぎの場合は03-3207-3690までご連絡下さい。

カンボジア シェムリアップ州教育局

カンボジア・シェムリアップ州教育局ではアンコール遺跡群のあるシェムリアップ州の学校管理、カリキュラム作成を含む運営、教員への道徳指導などを行っています。また、農村部の学校では資格を持たない教員が多いため、登録制度を設け、教員の管理なども行っています。

ご参加者の方に参加証明証をお渡しします。
旅行代金の一部が村の小学校への寄付となり、運営費などの購入に役立っています。


カンボジアの小学校   実際に訪問する小学校についてもっと詳しく!
実際に訪問するカンボジアの小学校や、ツアー活動の必要性などを、
教育局員ネイさんのインタビュー形式でお伝えしています。
⇒実際に訪問する小学校はどんなところ?

活動のポイント

ご参加者が素晴らしい動画を作成してくださいました!
2015年8月22日出発 ■杉本 恵里奈さん

私は大学で、将来体育教員となるための勉強をしています。
夏休みを利用して参加しました。座学では学ぶことのできない
側面を実際に肌で感じてみたい!という期待を胸に抱き、
また、初海外だったので、カンボジアの街並みにも興味がありました。
今回のツアーで、村の小学生がどんなことにも真剣に取り組んでいる姿が
印象的でした。彼らの笑顔や初めて見るものに対しての感動の眼など、
日本の小学生でも見かける姿ですが、その輝きを強く感じました。
子どもたちに笑顔を与えるために参加したつもりが、
逆に私自身が笑顔をもらう結果となり、別れ際に、
さびしくて泣いている子や、バスを追いかけてきた子どもをみて、
何らかの形で小学校に体育の楽しさを伝えられたのだと思います。




さあ、盛りだくさんの内容を確認してみましょう!

子どもたちに体育指導

  準備体操指導の様子
準備体操指導の様子
準備体操指導の様子
準備体操指導の様子
カンボジアの村の小学校では運動会はもちろんのこと、体育の授業もありません。教員たちも体育を教わったことがない為、教え方がわからないのが現状です。そこで、皆様が先生代わりになって、体操や馬跳びといった様々な種目を子どもたちに教えていただきます。子どもたちに体を動かすことの楽しさ、大切さを教えてあげて下さい。体操の種目は、現地で話し合って決めましょう。
子どもたちは元気いっぱいに動き回ることでしょうが、炎天下での交流ですので、熱中症にならないよう皆様は無理をせず、体力を温存することを忘れないようにしましょう。
 
 

学校に遊具を作るボランティア活動

  古タイヤ等で遊具を作ります
古タイヤ等で遊具を作ります
古タイヤ等で遊具を作ります
カンボジアのほとんどの村の小学校では、ブランコや鉄棒などの遊具がありません。皆様には、子どもたちや先生方と一緒に古タイヤを校庭に埋めるなどして遊具を作って頂きます。猛暑の中で土を掘り返す作業は想像以上の重労働ですので、決して無理はせず、休みながら作業を進めましょう。
作業後は、ボランティア活動で作った遊具を使って子どもたちに遊び方を教えます。
 
 

カンボジアの運動会

  子どもたちにとって、初めての運動会です。
子どもたちにとって、初めての運動会です。
運動会もカンボジアの子どもたちにとって、生まれて初めての楽しいイベントとなります。その運動会を参加者の皆さん一丸となって、作り上げて下さい。
徒競走や、飴探し競争など、はじめに見本をみせてルールを覚えてもらってから、子どもたちに参加してもらいます。
子どもたちが運動会に集中できるように、運動会中は個別に子どもと遊ぶことは控えましょう。
子ども達への金メダルとトロフィーも、皆さんに作っていただきます。
 
子どもたちにとって、初めての運動会です。子どもたちにとって、初めての運動会です。子どもたちにとって、初めての運動会です。
 

子どもたちとのお別れ会

  子どもたちとのお別れ会
子どもたちと交流する最後の場面です。一緒にゲームをしたり、カンボジアのダンスを踊ったりしながら交流します。その際に皆様から子どもたちへ出し物(合唱・ダンスなど)を発表していただきます。今回のツアー全員で作り上げた出し物が、日ごろ我々のような外国人に接する機会のないカンボジアの子ども達にとっては一生の思い出になることでしょう。皆様でアイデアを出し合って決めます。  
 
「体育を教える活動」で行う内容をトピック的にご紹介します >>
ツアーを作っているのはどんな人たち?担当スタッフから見たツアーの魅力とは?
「体育を教える活動」の過去参加者の皆さんで小学校を再訪!添乗レポート >>

【日程表】2017年2~3月出発(6・7日間)
カンボジアスタディツアー 村の小学校子どもたちに体育を教える活動

日程 都市 スケジュール 食事
1日目 成田もしくは関西
シェムリアップ
午前 : 東京・大阪発、空路シェムリアップへ(乗継)。
夕刻 : 着後、ホテルへご案内。夜は、ホテル内のレストランにて夕食を楽しみながら自己紹介。 

【シェムリアップ泊 】
朝:×
昼:機内食
夕食:〇
2日目 シェムリアップ 午前 :活動のレクチャー、体育指導のカリキュラム作り、運動会実施のための事前準備などを行う。
午後 :カンボジアの歴史を学ぶため「アキラ地雷博物館」と、シェムリアップのキリングフィールドと呼ばれる「ワット・トゥメイ」見学。
 :カンボジア文化の伝統舞踊(アプサラダンス)を鑑賞しながら夕食。

【シェムリアップ泊 】
朝:○
昼:○
夕:○
3日目 シェムリアップ 午前 : 村の小学校を訪問。体操やリレーなどの体育指導。ゲームを通じた運動などで交流活動を行います。
その後、先生や子どもたちと一緒に校庭にタイヤを埋めるなど、遊具を作るボランティア活動。
午後 : 午前に引き続き、村の小学校で体育を教えたり、学校に遊具を作るボランティア活動を行います。

【シェムリアップ泊 】
朝:○
昼:○
夕:○
4日目 シェムリアップ 午前 : 3日目に引き続き、村の小学校へ。子どもたちと一緒に初めての運動会を実施。(かけっこ、飴食い競争、ピンポン玉運び、リレーなどの個人競技がメインとなります。)
午後 : 午前に引き続き、運動会の続きを行う。(綱引き、玉入れなどの団体競技がメインとなります。)優勝チームにはトロフィーを贈呈し、閉会式を行う。子どもたちとの自由交流など。その後、子どもたちや先生とのお別れ会(歌やカンボジアのダンスなどでの交流)。

【シェムリアップ泊 】
朝:○
昼:○
夕:×
5日目 シェムリアップ 午前 : ジャングルに眠る神秘的な世界遺産アンコールワットへ。その後、カンボジアの人々の自立を目指して設立された土産物店「アンコールクッキー店」へご案内。
昼:自由昼食
午後 :アンコールトム(バイヨン寺院、南大門他)観光。その後、出発まで自由行動(約2時間)。
 :参加者みなさんで活動を振り返りながらの夕食会。

【シェムリアップ泊 】
朝:○
昼:×
夕:○
6日目 シェムリアップ 午前:自由行動(オプショナルツアーとして、トンレサップ湖クルーズなどをお楽しみ下さい/別料金)
午後:出発まで自由行動
夜:空路、帰国の途へ(乗継)
【シェムリアップ泊 】
朝:○
昼:×
夕:×
6日目 日本 朝 :成田・関西着。
~おつかれさまでした~
朝:機内食
昼:×
夕:×

※現地の事情により、プログラムの内容や順序が変更になる場合があります。
※上記日程の航空便・時刻などは予定です。変更となる場合がございます。
※現地発着の方の集合は1日目のホテル、解散は6日目のホテルチェックアウト後となります。


【ご旅行代金】お1人様あたり<2名様ツインルームご利用>

出発日(2017年) 旅行代金
2月14日(火) 【東京・大阪発着】168,000円
【現地発着】115,800円
2月21日(火)、3月7日(火) 【東京・大阪発着】178,000円
【現地発着】115,800円
3月14日(火) 【東京・大阪発着】182,000円
【現地発着】115,800円
※現地発着の方の集合・解散について
集合は1日目のホテル、解散は6日目のチェックアウト後になります。

【ご旅行条件】
カンボジアスタディツアー 村の小学校子どもたちに体育を教える活動

出発地

成田空港または関西空港

ご利用空港会社 ベトナム航空
ご利用ホテル

ROYAL CROWN HOTEL&SPA または同等クラス

最少催行人数 6名 ※8名以上の場合、添乗員が同行しお世話します。
旅行代金に含まれるもの

〇往復航空運賃 〇日程表に明記された移動費用並びに観光費用
〇全行程のホテル代(2~3人部屋用) 〇現地係員費用
〇食事代金(朝食5回・昼食3回・夕食4回 )

※カンボジア入国には有効期間が6ヶ月以上残っているパスポートが必要です。

海外インターンシップ、質問コーナー

Q. 一人で参加するので不安です。同じような参加者はいますか?

A. 海外ボランティアでは約8割の方がお一人でご参加されています。同じような志をもって参加しているので、1人参加でもすぐ仲良くなれるでしょう。

Q. 言葉が不安です。

A. カンボジアではクメール語が話されています。小学校の子ども達とのやりとりはクメール語となります。また、先生方もほぼクメール語のみとなります。交流で使うクメール語などは、弊社からお送りする会話集を覚えていただき、現地でも積極的にお話いただければ、子どもたちが大喜びすること間違いないでしょう。また、交流中は日本語を話す通訳を兼ねたガイドがご案内しますので、ご安心下さい。
空港やホテルスタッフ等、観光業に携わるカンボジア人は、英語が話せます。日常会話程度の英語力で問題ございませんので、積極的なコミュニケーションを心掛けて下さい。

Q. 治安が不安です。

A. 治安は安定しておりますが、世界の観光地がそうであるように観光客を狙ったスリや詐欺も存在しますので、ご注意下さい。なお、シェムリアップ市内を始め、訪れる全ての場所において地雷の撤去は完了しております。

Q. 予防接種をしていく必要はありますか?

A. 厚生労働省検疫所の発表によると、カンボジアへの渡航前の予防接種は必須ではありません。
現地では蚊などを媒体とした感染症を防ぐ為に、虫除けスプレーや香取線香等をご準備下さい。また、感染症も保険金支払い対象となる海外旅行保険にご加入いただくようお願い致します。

Q. ツアーが催行するかどうかはいつ決まりますか?

A. 募集型企画旅行の場合、旅行業約款では出発の23日前までに催行/不催行の旨を連絡することを義務づけられておりますので、目安として1ヶ月前から23日前までに催行/不催行を決定します。
万が一、不催行となり、既にご旅行代金(お申込金)をお支払い頂いている場合はご返金します。

Q. やっぱりキャンセルしたいのですが・・・?

A. ご出発日までの日数により下記のキャンセル料が発生します。
・旅行開始日の前日から起算して40日目以降31日目に当たる日まで・・・無料(ピーク時はご旅行代金の10%)
・旅行開始日の前日から起算して30日目以降3日目に当たる日まで・・・ご旅行代金の20%
・旅行開始日の前々日以降当日まで・・・ご旅行代金の50%
・無連絡不参加及び旅行開始後・・・ご旅行代金の100%
※ピーク時期とは12/20~1/7、4/27~5/6、7/20~8/31の期間です。
キャンセルの場合は早急にご連絡いただくようお願い致します。

●お問合せ・お申込みは下記ボタンからどうぞ
お問合せ・ご質問はこちらから

お申込みはこちらから(ここでのお申込は「確定」ではございません)

お急ぎの場合は03-3207-3690までご連絡下さい。

渡邊弥生様 / 2017年09月05日出発

人と人との支え合いや、交流、知ることの大切さをよく学べた6日間でした。何一つ知らなかったカンボジアの土地でこんなに素敵な出会いがたくさんあって、経験が出来たことはこれからの私の人生の大きな糧になると思います。子どもたちや先生の笑顔、カンボジアの歴史、遺跡の数々の話など、どれも忘れられない本当に大切な思い出になりました。このツアーに参加して、心から良かったと思います。またいつか、ピースインツアーでカンボジアのボランティアや旅行に参加させていただきたいと思います。この6日間が素晴らしいものになったのは、スタッフ皆様や同じ参加者の方々のおかげだと思います。一緒に素敵な時間を過ごすことができ、とても幸せでした。本当に本当に、どうもありがとうございました!!!

匿名様 / 2017年09月05日出発

 私の将来の夢は、小学校の先生になることで日本以外の国の教育現場や状況を自分の目で見て肌で感じたいと思い、参加させていただきました。ポルポト時代の話も少し親から聞いていたので、今のカンボジアの子どもたちの様子も知りたいと思いました。実際に参加してみて、自分が想像していた何百倍も良かったです!先入観や偏見をしていた自分がとても恥ずかしくなる程、子どもたちはキラキラしていて元気いっぱいでエネルギーをもらいました!とても豊かで、あたたかくて、大好きな国になりました。そして、今回のツアーでは、やはり小学校の運動会が一番の思い出です。自分たちで考えた体操や、運動会の競技を楽しそうにやってくれて、メダルも喜んでくれて、すごくキラキラした時間を過ごせました!また、アンコールワットなどの遺跡巡りもとても勉強になりました。
 今回のツアーは、7人だけという少人数でしたが、7人だからこそみんなで濃い時間を共有できて良かったです。小学校訪問で、子どもたちが花を摘んでくれたり、学校の先生たちが私たちのためにお昼ご飯をつくってもてなしてくれたり、折り紙の花を最後にもらったりと、私たちが逆にたくさんのパワーや心づかいを受けて本当に愛を感じました。この愛をどんどん他の場所や人にも届けたいと思いました。

山崎南様 / 2017年09月05日出発

 今回のツアーを選んだきっかけは、「支援が必要とされている国、”カンボジア”の現地の実状を自分の目で見てみたかった」「同じ志を持つ参加者同士の出会い」「せっかく行くのなら観光も少ししてみたかった」と、この3つです。実際に参加してみて、期待通り、それ以前でした。思っていた以上に歴史レクチャーの時間で様々な時代を重ねた上で今のカンボジアの実状があることを知れたので、必要な支援は何なのか、支援が必要な原因の根本的解決は何なのか、自然と自分から考えてしまうほど学びの面で充実していて満足です。6日間の内容、すべてが良かったです。運動会を開く前に村の子どもたちのこと、カンボジアの歴史を教えてもらってから下準備もできたので、気持ちも高めて活動できました。また、観光や自由時間もあって自分のペースでこの国の好きなところを見つけられました。
 今回、カンボジアに訪れてどちらが良いとも言えないけれど、日本の私たちとは全く違う生活を見ました。確かにカンボジアはもっともっと成長できるところがあるけれど、とっても豊かな国で素敵なところがたくさんあると感じました。また、そんなカンボジアに私たち以外にもたくさんの人・国で何かサポート、支援をしていることに愛を感じました。同じ人間同士、カンボジア以外の国々でももっと助け合いが広がって、世界みんなで幸せを分かち合えるといいなと思うきっかけになるツアーでした。

このツアーのお客様の声をもっと見る


NEWS

一覧へ

2017.08.31

第2弾!!カンボジア同窓会&ツアー相談会のご案内〜カンボジア好き全員集合〜
  • メルマガ
  • 海外ボランティア・スタディツアー説明会
  • ツアー説明会&イベント
  • お客様の声
  • オーダーメイド見積もり
  • 高校生にもおススメ!海外ボランティア
  • 教えて!海外ボランティア
  • 古本でリサイクル募金!~特定非営利活動法人エファジャパン
  • パンフレットのご案内