ピース·イン·ツアーは、カンボジア、ベトナム、ラオス、ミャンマー旅行の専門店です。

MYANMAR

 MENU

ミャンマー  ミャンマー・チャイントン 少数民族に出会う旅5泊7日

  • 自然・絶景

  • 暮らし・生活体験

  • 田舎・農村

  • 少数民族

  • トレッキング


ミャンマー・チャイントン 少数民族に出会う旅5泊7日
「パゴダ見学」ではない、ミャンマーの旅(ベトナム航空利用)

ツアーコード:【MYP-05】

ミャンマー・チャイントン エン族集落にて
*最少催行人数2名様(別途追加代金にて1名様も可)の少人数制、専用車・専用ガイドでご案内します。
*ヤンゴン現地オフィスもあり、日本語対応で安心サポート!
全日空直行便で行く、チャイントンのツアーもございます >>

乾季限定ツアーのため、雨季(5~10月頃)は手配不可となりますのでご了承ください。

「パゴダ見学」ではないミャンマーの旅

ミャンマーといえば、パゴダや寺院観光とお考えの方も多いのではないでしょうか? ミャンマー東部のシャン州には、独自の言語や風習・文化を守って生活をしている少数民族が多く暮らしています。このツアーでは、東シャン州の中心地チャイントンを基点にして少数民族の村々をまわり、現地の人々の風習や生活に触れます。 それぞれの集落で家の中に上がらせてもらってお話をしながらお茶や果物をいただいたり、子どもたちと遊んだり、衣装を着させてもらったり・・・。パゴダ見学が多い従来の一般的なミャンマー観光とは違った、人々と触れ合う旅をおたのしみください。

ミャンマー・チャイントン 少数民族

ツアーポイント

  • ミャンマーの穴場的スポット・チャイントンへご案内
    チャイントン周辺には独自の衣装を纏い、自給自足の生活を営んでいる少数民族が多く住んでいます。このツアーでは、東シャン州の美しい自然の中、各集落を廻り、さまざまな少数民族の生活風景を見学をします。
  • チャイントンに3連泊とゆったりとした行程
  • トレッキングコースと歴史探訪コースの2コースをご用意
    ご自身の体力、ご興味に応じてお好きなコースをお選びください。

ミャンマーのチャイントンってどんなところ?


チャイントン(ミャンマー)

チャイントンは、タイと国境を接するシャン州の東部、なだらかに広がる丘陵地帯(標高787メートル)にあり、シャン州のなかでもっとも風光明媚な土地といわれています。標高が高いため、朝晩は涼しくて快適です。チャイントンの町は、小さなノントォン湖を中心にして盆地状に広がっており、周辺の緑豊かな土地には背丈の低い家々が連なって集落を形成しています。
地理的に近いことから、ミャンマーというよりタイ北部やラオス北部、中国の雲南省との文化的な類似点が多く、人口の約8割はシャン系のクン族が占めています。また、イギリス植民地時代にはイギリス人居住区がおかれたところでもあり、現在も当時の歴史的な建築物が良好な状態で保存されています。

 ツアーで巡る村の詳細はこちら

 PDF版はこちら【チャイントン】美しい自然を歩き、人々の暮らしに出会う旅

ツアー日程表

スケジュール

1日目

日本⇒ベトナム経由⇒ヤンゴン

午前:【ベトナム航空利用】午前:日本各地から空路(経由便)にてミャンマーのヤンゴンへ
夕刻:ヤンゴン到着後、空港にてお出迎え、ホテルまでご送迎
夜:夕食は自由におとりください。

【ヤンゴン泊/食事 朝:× 昼:機内 夕:×】

2日目

ヤンゴン⇒(国内線)タチレク⇒(陸路)チャイントン

早朝:国内線にて タイとの国境の町・タチレクへ
飛行機の窓からは天気がよければ美しい景色が楽しめます。陸路にて東シャン州の中心地・ チャイントンへ(約3時間)
チャイントン着後、ホテルへ
夜:市内レストランにてご夕食

【チャイントン泊/食事 朝:○ 昼:○ 夕:○】

3日目

チャイントン滞在

終日:周辺の少数民族も集まる市場を見学。市場には食べものや民族衣装など、地元の人々の暮らしぶりが感じられるものがたくさんあります。
見学後、少数民族の村々を訪ねます(煙管タバコが特徴的なアク族 、お歯黒で有名なエン族、腰に金属をはめた衣装を纏うパラウン族などの村をまわります)
※ご希望の方には近郊の天然温泉へご案内いたします

チャイントン泊/食事 朝:○ 昼:弁当 夕:○】

4日目

チャイントン滞在

【A.トレッキングコース】
終日:アカ族の集落を訪ねます (アカ族は銀の装飾がされた帽子や衣装が特徴的です) ※全長約14キロ、約6時間のトレッキングコースとなります。
【B.歴史探訪コース】
午前:ロイモエ見学(ロイモエは植民地時代にイギリス人居住区として使われ、その面影が残っています )
午後:チャイントン市内見学 (マハムニパゴダ 、ノントォン湖、一本杉、チャイントン門など) モハムニパゴダの内部にはマンダレーのモハムニパゴダと同じ仏像が納められています。

【チャイントン泊/食事 朝:○ 昼:弁当 夕:○】

5日目

チャイントン⇒(陸路)タチレク⇒(国内線)ヤンゴン

午前:陸路にてタチレクへ。着後、タチレク市内観光( 国境の橋、市場など) 川幅の狭い川が国境になっています。国境近くにはいくつかのお店が出ています。
夕刻:国内線にてヤンゴンへ
夜:空港にてお出迎え、ホテルまでご送迎

【ヤンゴン泊/食事 朝:○ 昼:○ 夕:×】

6日目

ヤンゴン⇒ベトナム経由⇒ご帰国の途へ

終日:(出発まで)フリー⇒ヤンゴンのオプショナルツアーもございます
(出発の2時間前までに)空港までご送迎
夜:ヤンゴン発、空路(ベトナム経由)にてご帰国の途へ

【機内泊/食事 朝:○ 昼:× 夕:機内】

7日目

⇒日本

早朝:日本各地ご到着

【食事 朝:機内 昼:× 夕:×】

※航空機スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので予めご承知置きください。

ツアーインフォメーション

出発日 日、月、水、金曜日
最少催行人数 2名様※ただし、1名様でご参加の場合追加代金97,000円にて催行可能。1人部屋追加料金を含みます。
添乗員 なし。現地ではミャンマー人日本語ガイドがご案内致します。
食事条件 朝食5回、昼食4回、夕食3回(機内食を除く)
利用予定航空会社 ベトナム航空(VN)
別途必要料金 旅行代金に加算して、別途次の料金が必ずかかります。⇒ 別途料金一覧表
  • 各航空会社が定める燃油特別付加運賃、航空保険料
  • 日本出発空港の旅客サービス施設使用料等
  • 現地空港諸税
利用予定宿泊施設 ヤンゴン : パノラマホテルセントラルホテルユザナホテル
チャイントン : プリンセス、プライベート
一人部屋追加料金 5泊分:22,500円
ビザ ミャンマーのビザ(査証)が必要です(別途、取得代金がかかります)※ ミャンマーのビザについての詳細はこちら

【 旅行代金に含まれるもの】

  • 往復航空券(日本~ミャンマー往復)
  • 日程表に明記したミャンマー各観光地の入域料・入場料
  • 日程表に明記された移動費用
  • 全行程のホテル代(2~3人部屋利用)
  • 日程表に記載のある食事朝食5回、昼食4回、夕食3回(機内食を除く)
  • 現地ミャンマー人ガイド費用

【 旅行代金に含まれないもの 】

  • ミャンマー国際線空港税、燃油特別付加運賃+航空保険料、 ミャンマービザ
    ミャンマービザ取得代行も承ります
  • 日程表に記載のない宿泊、空港送迎、観光、食事等のサービス
  • 各寺院・パゴダへのカメラ持ち込み料
  • 飲物代、チップ、ホテルでの電話・ミニバー等の個人的費用
現地でかかる入域料・観光入場料をご確認ください。⇒ 一覧表はこちら
※現地で直接お支払いください。

旅行代金

【成田発着】毎日出発 2017年02月~2017年03月

出発日 エコノミークラス ビジネスクラス 予約希望
02月01日 ~ 03月31日 238,800円 342,800円

【関空発着】毎日出発 2017年02月~2017年03月

出発日 エコノミークラス ビジネスクラス 予約希望
02月01日 ~ 03月31日 255,800円 469,800円

【名古屋発着】毎日出発 2017年02月~2017年03月

出発日 エコノミークラス ビジネスクラス 予約希望
02月01日 ~ 03月31日 255,800円 469,800円

※上記旅行代金に追加して燃油サーチャージ、各国諸税が必要です。
※上記旅行代金は2名1室利用代金です。

★このツアーについてのご質問・お問い合せはコチラ★

■募集型企画旅行条件書をご確認ください。

【旅行企画・実施】:株式会社 風の旅行社 観光庁登録旅行業第1382号/日本旅行業協会会員
【住所〒165-0026】 東京都中野区新井2-30-4 IFOビル6階
【総合旅行業務取扱管理者】原 優二

【受託販売】:株式会社 ピース・イン・ツアー 東京都知事登録旅行業第3-7212号/日本旅行業協会会員
【住所〒162-0042】 東京都新宿区早稲田町67 早稲田クローバービル5階
【総合旅行業務取扱管理者】小林 奈々
【TEL】:03-3207-3690 【FAX】:03-3207-6343
【E-mail】:info@pitt.co.jp