カンボジア


  • 遺跡
  • 暮し
  • 世界遺産
  • 1月~3月
  • 4月~6月
  • 7月~9月
  • 10月~12月

カンボジア 暮らしの中にあるアンコール遺跡を訪ねる旅
カンボジアを愛するガイドとつくったツアーです

ツアーコード:【C-CB8】


  • カンボジア 暮らしの中にあるアンコール遺跡を訪ねる旅
  • カンボジア 暮らしの中にあるアンコール遺跡を訪ねる旅
  • カンボジア 暮らしの中にあるアンコール遺跡を訪ねる旅

出発日設定
2021年03月04日〜2021年03月11日
旅行代金
131,000円



アンコール遺跡群を訪ねるツアーは数あれど、ただ行って見るだけのツアーではもったいない!人々の暮らしとともにある遺跡を訪ね、カンボジアの悠久のときを感じてみましょう。また、人気のある遺跡も見方や回り方を少し変えれば、楽しみ方が何倍も変わります。このツアーは、遺跡を知り尽くし、そのポイントを押さえた現地ガイドと一緒に考え、完成した他にはない唯一のアンコール遺跡ツアーです。

ポイント

遺跡のある村に暮らす家庭を訪問!

現地ガイドいちおしの見どころをご案内!

ピース・イン・ツアー カンボジア事務所/オークンツアーの現地ベテランガイドが人気の遺跡の見どころをご紹介。
現地ではポイントを抑えたガイドがご案内するので、より深くアンコール遺跡を楽しめること間違いなし!
MR.モニー

MR.モニー

ガイド歴15年、遺跡の調査アシスタント経験もあり、遺跡が大好き。調査時に新しい遺跡を発見したこともあるほどたくさんの遺跡を歩いており、知識も豊富。妻の実家がアンコールトムの近くにあり、休日はそこで家族揃ってのんびりと過ごすのが好き。

MR.ポゥキー

MR.ポゥキー

「ドロドロのドーロ(道路)でーす!」「コカゲ様のオカゲ様ですずしいですねー」「象の像の象だぞーう」
独自のセンスをもつエンターティナーで、彼の周りにはいつも笑いが絶えない。カンボジア全州を案内できるライセンスを取得し、遺跡の知識にかけては彼に勝るものはいない!というほどの博識ぶり。遺跡に生息する草花や渡り鳥にも詳しいです。

MS.マカラー

MS.マカラー

日本語は独学で勉強したという努力家。いつも元気な声でガイドを行なう一方で家に帰れば二児のお母さん。いつも元気でいられる源は大好きな家族との時間。

遺跡の良さを体感できるスケジュール!

人気のある遺跡は混雑必須ですが、うまく時間帯を選べば、比較的、混雑を避けて見学が可能です。
例えば、西向きに造られたアンコールワットは午前中に行くと全景が逆光となってしまうため、午後に組み込まれていることが多いですが、午前中に行くとその分、観光客が少ないので、美しいレリーフもじっくりと近くで見られたり、第三回廊へ上るための行列もそこまで待たずに済むことが多いです。このツアーはこういったポイントを抑えた行程となっています。
アンコールワット

アンコールワット

クメール建築の最高傑作とされ、ヒンドゥー教の壮大な宇宙観をもとに30年以上もの年月をかけて建造されたアンコール遺跡群を代表する寺院。その美しい建築様式はもちろんのこと、今にも動き出しそうな躍動感のある絵画のようなレリーフの数々など見どころがつきない。

【現地ガイド:モニ―お薦め!】
巨石をつかってつくりあげられた東南アジア最大の石造建築!
偉大なクメール王朝時代を想像してほしい!
丁寧な修復がおこなわれている!今もたくさんのカンボジア人が参拝に訪れる!

アンコールトム

アンコールトム

クメール語で「大きな都市」を意味し、クメール王朝最盛期の12~13世紀にかけて、ジャヤヴァルマン7世によって構築された都城。アンコールトムの中心に位置するバイヨン寺院には「クメールの微笑み」をたたえた巨大な四面像が立ち並び、癒される。バイヨン寺院の第一回廊に残されたレリーフには、古から連綿と続く日常的な庶民の暮らしも描かれており、とても興味深い。
※2020年2月現在、バイヨン寺院の第三回廊は修復工事中のため、立ち入ることができません。

【現地ガイド:モニ―お薦め!】
仏さまのお顔に癒される!
仏教とヒンズー教がミックスした時代がよくわかる!
アンコールトムの北側に妻の実家の村があるので、お連れします!のんびりできますよ。

バンテアイ・スレイ

バンテアイ・スレイ

アンコール遺跡群の中で、建築はアンコールワット、彫刻はバンテアイスレイと言われるほど、洗練された造形美を持つとされる遺跡。その優美さに魅せられたフランス人作家アンドレ・マルローが海外へ持ち出そうとした「東洋のモナリザ」が彫られている遺跡としても有名。

【現地ガイド:マカラーお薦め!】
遺跡のなかで一番芸術性が高い!
アンコール王朝時代の最高の彫師によって彫られた最高傑作の彫刻がある!
遺跡内では扉の枠が重なってみえるのできれい!

ベンメリア

ベンメリア

アンコールワットから東へ約50キロ、森の中に眠る巨大寺院。規模は少し小さいが、アンコールワットと似た構造で類似点も多いため、「東のアンコールワット」とも呼ばれ、比べてみてみるのもおもしろい。

【現地ガイド:ポゥキーお薦め!】
遺跡は崩壊しているところが多いけれど、南国の木々がたくさんあってカンボジアの豊かな自然を感じられる!
ナーガの模様が一番美しく見られる場所がある!
遺跡と木の根の絡まりが綺麗で見ごたえあり!

カンボジア人が造り、カンボジア人とともにあるアンコール遺跡群。遺跡のレリーフには古の民衆の生活がとても精巧に描かれています。観光地としてただ遺跡を見るだけではなく、人々の暮らしとともにある遺跡に触れ、カンボジアの悠久の時間を肌で感じてみましょう。
このツアーではアンコールトムの近くに住む一民家の家庭を訪問し、遺跡とともに暮らすカンボジア人の生活を垣間見ることができます。ご案内するのは現地ガイド・MRモニーの奥さんのご実家。
果物売りの屋台には旬のフルーツが並びます

果物売りの屋台には旬のフルーツが並びます

敷地内には美容院もあり、アンコール遺跡で写真撮影をするカップルの姿も

敷地内には美容院もあり、アンコール遺跡で写真撮影をするカップルの姿も

村の人々との交流も楽しいです

村の人々との交流も楽しいです

日程表

ツアー日程表

1日目

東京・大阪⇒シェムリアップ

午前:東京・大阪発。空路にてシェムリアップへ(乗り継ぎ)
夕刻:カンボジア・シェムリアップ着。空港でガイドがお出迎え、ホテルまでご送迎

【シェムリアップ泊/食事 朝:× 昼:機内 夕:×】

2日目

シェムリアップ

<世界遺産アンコール遺跡群>
午前:アンコールワット(混まない午前中に)
昼:市内レストランにてカンボジア家庭料理のご昼食
午後:アンコールトム(南大門、バイヨン寺院、バプーオン、ピミアナカス、象のテラス)
遺跡見学後、遺跡近くに住む一家庭を訪問
夜:民族舞踊アプサラダンスを観ながらのご夕食

【シェムリアップ泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:〇】

3日目

シェムリアップ

<世界遺産アンコール遺跡群>
午前:東洋のモナリザのレリーフでも有名なバンテアイ・スレイ
昼:ローカルレストランにてご昼食
午後:密林にひっそりと眠るベンメリア遺跡

【シェムリアップ泊/食事 朝:〇 昼:〇 夕:×】

4日目

シェムリアップ

終日:出発まで自由行動
~お部屋は18:00までのレイト・チェックアウト~
☆ご希望にあわせてオプショナルツアーのお手配も可能です。ご希望の方はお問い合わせくださいませ。
オプショナルツアー例:
1、東南アジア最大の湖・トンレサップ湖クルーズにて水上集落見学
2、小回りルートの遺跡巡り(タ・ケウ、タ・プローム、スラ・スラン、バンテアイ・クデイ)
3、大回りルートの遺跡めぐり(プリア・カン、ニャック・ポアン、東メボン、プレ・ループ)
夕刻:空港までご送迎、帰国の途へ

【機内泊/食事 朝:〇 昼:× 夕:×】

5日目

⇒東京・大阪着

午前:東京・大阪到着

【食事 朝:機内 昼:× 夕:×】

※アンコールワット観光日が仏日にあたる出発日(8/3、8/11)は第三回廊に入場できないため、2日目と3日目を入れ替えてご案内いたします。

 

※航空機スケジュールは予告なく変更となる場合がございますので予めご承知ください。

条件

出発地 成田空港
※関西、名古屋、福岡発着も可能です。お気軽にお問合せください。
定員 10名様(最少催行人数2名様)
添乗員 なし
食事条件 朝食3回、昼食2回、夕食1回(機内食を除く)
利用予定航空会社 ベトナム航空、全日空&アンコールエアー、タイ国際航空
別途必要代金 上記旅行代金以外に燃油特別付加運賃、成田ほか空港施設使用料&保安料、
国際観光旅客税,カンボジア現地空港税等、合計約21,000円(2020年2月現在)が必要です。
利用予定宿泊施設 シェムリアップ:ロイヤルクラウンホテル 又は 同等クラス
一人部屋追加料金

13,500円(3泊分/~2020年3月出発)、10,000円(3泊分/2020年4~9月)

ビザ カンボジアのビザ(査証)が必要です。(別途、取得代金がかかります)
カンボジアのビザについての詳細はこちら⇒

【 旅行代金に含まれないもの 】

  • 燃油サーチャージ、日本出発空港の空港施設使用料・保安料、カンボジア現地空港税、国際観光旅客税
  • ホテルの一人部屋追加料金
  • 日程表に記載のない観光、送迎、食事の代金
  • お客様がご注文された飲物代、追加料理の代金
  • カンボジアビザ取得費用(大使館実費、弊社代行手数料など)
  • ランドリー代、電話代、通信費等の個人的諸費用
  • 任意の海外旅行保険料
  • 日本国内の交通費(ご自宅~ご出発空港間など)

出発日・旅行代金

【成田発着】

出発日 旅行代金 催行状況 予約希望
03月04日(木) 131,000円
募集中
03月11日(木) 131,000円
募集中

※上記旅行代金に追加して燃油サーチャージ、各国諸税が必要です。
※上記旅行代金は2名1室利用代金です。

■募集型企画旅行条件書をご確認ください。


【受託販売】:株式会社 ピース・イン・ツアー 東京都知事登録旅行業第3-7212号/日本旅行業協会会員
【住所】〒165-0026 東京都中野区新井2-30-4 I.F.Oビル7F
【総合旅行業務取扱管理者】小山 耕太
【TEL】:03-5860-0071 【FAX】:03-5860-0072
【E-mail】:info@pitt.co.jp

【旅行企画・実施】:株式会社 風の旅行社 観光庁登録旅行業第1382号/日本旅行業協会会員
【住所】〒165-0026 東京都中野区新井2-30-4 IFOビル6階
【総合旅行業務取扱管理者】原 優二